ニュース&お知らせ

2016年05月17日

企業の一時避難所の地域貢献ツール

災害(地震や風水害)時に連携する自治体や災害派遣隊への地域貢献を考える必要がある。

 

災害が起こると避難所では、様々な被災者および帰宅困難者を受け入れられます。災害発生時から少なくとも72時間後には、行政主導に変わります。

その時、受け入れた一時避難所から防災拠点などの公的な避難所に移る際・・・

(さらに…)

2016年04月27日

防災訓練で参加者の意識を変えるツール

防災訓練のマンネリ化は、全国でも少しずつ表面化しているのではないでしょうか。

 

最近、防災関連の展示会に出展した際、危機管理課の方々から防災訓練について、こんな声を良く聞きます。

 

【防災担当者からの声…】

(さらに…)

2016年04月25日

東京都のDMAT隊、熊本に派遣

熊本での震災に対し、東京都のDMATチームが早速出動されたという記事が日刊工業新聞に掲載されました。

(さらに…)

2016年04月22日

助けの要ること、助けられることを「着て」表明するベスト-要援護者・支援者のために-

20日の新聞各紙では「エコノミークラス症候群」の危険性について取り上げられていました。

連日の車中泊から血栓が足などに出来ることが原因で、体を動かしたり足を延ばして寝たり水分をこまめに摂ることで防げることなのですが、被災地の生活の中では難しいということです。

(さらに…)

2016年04月18日

熊本県震災の被災者の方々にお悔やみとお見舞いを申し上げます

この度の熊本県地震により被災にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げるとともに、亡くなられた方やそのご家族にはお悔やみを申し上げます。
また、一日も早い復興を心よりお祈りすると同時に、被災された皆様が平穏な日々を取り戻せるようお祈り申し上げます。

2016年04月11日

首都直下型地震を想定した訓練で弊社ベストを使用。

首都直下地震を想定した訓練で、弊社の医療従事者ベストスタンダードを使用頂きました。

訓練内容

警察官や歯科医師などが遺体の身元を確認する訓練が、9日に東京都内で行われました。
首都直下地震で震度6強の揺れを観測した渋谷区で、およそ100人が死亡したという想定で行われ、警察官や消防隊員、それに歯科医師などが参加されました。
これから首都直下型地震を想定した訓練が都内はモチロン、他の都道府県などでも行われます。
この訓練では医師会、歯科医師会、薬剤師会などの関係部署様も参加され、その多くの方が役割の識別などにベストを着用されます。

まだ識別用のベストをお持ちでなくご検討予定がありましたら、弊社までご相談ください。

NHK WEBニュース

ページの上へ